絵画レンタル・アートレンタル・障害者絵画・レンタル絵画の絵届け問屋kousukeです。

ご挨拶

 私の弟である太田宏介は自閉症の障害を持ちながら、絵画を描くアーティストです。弟は絵画との出会い20年になり、 さらなる成長を目指して日々努力をしています。今回弟と私が共に生きていく上で、絵画と仕事を通じて一緒に生きていく手段として、 絵画レンタルを始めることにしました。

 障害を持っている方の絵画の特徴として、「自由」・「直感」・「素直」が上げられます。見て感じたものを既成概念に捉われる事なく、 素直に表現した作品は、大きな価値に値すると考えます。利害を気にせず自由に表現した絵画は、見た人に明るさ・感動・勇気を与えることが 出来る事が最大の魅力と言えます。部屋にレンタルの観葉植物が置かれることで人の気持ちが和むように、絵画が安価で癒される存在となるなら 皆様に広く喜んでいただけるのではないでしょうか。またレンタル売上の一部を東北関東大震災障害救援本部に寄付させて頂きます。
※太田宏介のホームページは、下のバナーをクリックすると参照できます。 福岡|絵画レンタル|絵届け問屋kousuke

太田信介プロフィール

1974年8月
福岡県で生まれる。3,200gの健康優良児だったらしい。
1990年3月
太宰府西中学校卒業。
中学時代はサッカー部。練習は休まず熱心にしたが、背も低く、 足も短く3年間補欠。
この頃から鉄道マニアの傾向が。小倉から鹿児島まで鹿児島本線の全駅名を覚えた。
1993年3月
福岡県立柏陵高等学校卒業。
高校時代は50分かけての自転車通学。
中学・高校と皆勤で、賞を頂く。
1997年3月
熊本学園大学卒業。
大学時代は勉強よりもサークル・バイトが中心。
観光事業研究会に所属し、九州各地を旅行しました。
学生時代は、仲の良い友達でも、弟が障害をもっている事を伝える事が出来ませんでした。
1997年4月
株式会社ユーコーに入社。
遊技場を中心とした九州最大手の一つのアミューズメント企業。
九州を中心に関東を含め30店舗の遊技場を経営。
学生時代のバイトがパチンコ店で、パチンコ店の仕事にやりがいを覚え、九州一の売上高のユーコーグループでチャレンジをしたいと思い入社。
2002年10月
神奈川県藤沢市や山口県宇部市を含み入社から8店舗を経験。その中で店舗管理・売上管理・従業員教育・調整(釘・スロット) を学び、マネージャー(店長職)に昇格。
その頃から、弟が障害を持ちながら絵を描いてる事を、周りの人に話す事が出来ました。
2012月3月
今後、私と弟が共に生きていくうえで、仕事と絵画を通じて一緒に生きていく手段として、 絵画レンタル事業を始める事を決意し、株式会社ユーコーに辞意を伝える。
2012月4月
絵とどけ問屋「宏介」設立。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

↑ PAGE TOP